ヒメセンブリ

top
リンドウ科 Gentianaceae
丈は2-15cm、葉腋で分枝しします。茎葉は10-15mmの卵形~長楕円形。
花は茎頂に1-3個ほど付き、花冠径2.5cm、花弁は長さ10mm、花色は少しくすんだ淡青色、4-5深裂し、裂片は卵形~長楕円形で先が尖り、条があり、裂片基部にはそれぞれ2つずつ腺溝があります。

 

2016.2.8 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 全体5
  • 花2
  • 花3

ヒメセンブリ-全体

この季節、この山ならではのコラボ。左上は若いキタダケヨモギ、右下はサンプクリンドウ
(2013.9 山梨県北岳)

ヒロセンブリ-全体2

1株で4つ花を付けていた大きな株。茎頂に1-3個の花を付けます。
ここでもサンプクリンドウのオマケ付き。(2013.9 山梨県北岳)

ヒメセンブリ-全体3

(2013.9 山梨県北岳)


ヒメセンブリ-全体4

花弁の裏はつぼんだとき露出する部分が線状に緑色になっていました。
(2013.9 山梨県北岳)

ヒメセンブリ-全体4

花が閉じた状態。咲いていたのは中央の2つ。花冠外側は緑色を帯びる部分があります。
上は終わった花で全体に白緑色。(2013.9 山梨県北岳)

ヒメセンブリ-花

花冠は4-5つに深裂、やや濃い色の線条斑があります。
(2013.9 山梨県北岳)

ヒメセンブリ-花2
花冠裂片の基部には2つずつ蜜腺溝があり、
先端が細裂した2つの鱗片状のものに覆われている。雌しべは三角錐状で、
辺となる部分が柱頭になっているようです。(2013.9 山梨県北岳)

ヒメセンブリ-花

蜜腺溝から蜜を吸っているようです。
(2013.9 山梨県北岳)

ヒメセンブリ-葉

葉は卵形~長楕円形で先が尖ります。葉腋で分枝します。
(2013.9 山梨県北岳)