ミヤマリンドウ

top
リンドウ科 Gentianaceae
フデリンドウの高山版。
基部は地を匍い、分枝して立ちあがり、丈は5-10cmになります。葉は5-10mmの卵状長楕円形で厚みがあり、横に展開します。根生葉はない
花は茎頂や上部の葉腋に付き、花冠約15-22mmで先は5裂、裂片間に副片があり、平開します。萼裂片は反り返ります。
同所的にあるタテヤマリンドウは、茎に花は1つで、根生葉があり、茎葉は茎に沿って上を向きます。

 

2018.7.21 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

ミヤマリンドウ-全体

根生葉がなく、茎が分枝するのが目安。
(2009.8 北ア・白馬岳)

ミヤマリンドウ-全体2

(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)


ミヤマリンドウ-全体3

裂片の先があまり尖らないもの。
(2009.8 山形県月山)

ミヤマリンドウ-全体4

葉でタテヤマリンドウと区別します。
(2015.7 山形県月山)

ミヤマリンドウ-全体3

(2008.7 北ア・白馬岳)


ミヤマリンドウ-花2

(2009.8 秋田県駒ヶ岳)


ミヤマリンドウ-花3

上部の葉腋から複数の花を付けます。萼の先端はやや反り返る。
(2015.7 山形県月山)

ミヤマリンドウ-葉

茎葉はフデリンドウに比べるとかなり小さい。右は無花茎の葉で密に付きます。
(2014.7 山形県月山)

ミヤマリンドウ-葉2

葉は5-10mmほど、厚みがあって光沢があり、基部は茎を抱く。
(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)