センブリ

top
リンドウ科 Gentianaceae
「良薬口に苦し」・・・健胃消化薬でおなじみの植物。
丈は5-20cm、茎は紫色を帯びることが多い。茎葉は1.5-3.5cmの線形~広線形
花は円錐状に付き、花冠はふつう5深裂、時に4深裂で径2-3cm、白~淡紫で裂片には紫条があり、基部付近に蜜腺が2つずつ付き、その周囲に毛が見られます。

 

2019.11.14 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 全体5
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 花6
  • 葉2
  • 葉3
  • 参考

センブリ-全体

日当たりの良い土手や道ばたなどの裸地で見られました。
(2018.10 東京都高尾山)

センブリ-全体2

基本は花冠は5裂ですが、この当たりのものの大半は、全部の花が4裂でした。
このあたり、足の踏み場のないほどでした。(2011.10 青森県 旧・三厩村)

センブリ-全体3

花被外側の赤味の強い個体。
(2012.10 東京都高尾山)

センブリ-全体4

海岸の風衝帯にあったもの。花が非常に密に付いていました。
(2013.11 千葉県銚子市)

センブリ-全体5

ヤクシソウと・・・。
(2018.10 東京都高尾山)

センブリ-花

(2019.11 千葉県銚子市)

センブリ-花2

花冠は普通5深裂です。
(2016.11 千葉県銚子市)

センブリ-花3

花冠4裂のものもよく見られます。
(2016.11 千葉県銚子市)

センブリ-花4

花冠裂片基部に密腺溝が2つあり、その周りを長い毛がぐるりと囲んでいます。
(2019.11 千葉県銚子市)

センブリ-花5

萼は花冠裂片と同数で4-5裂。裂片は狭長被針形~広線形。
(2013.11 千葉県銚子市)

センブリ-花6

花冠外側の赤いものも、内側はふつうのセンブリ。赤いのはおそらく、
蕾の時の紫外線防御反応が強く残ったもの。(2012.10 東京都高尾山)

センブリ-葉

葉は線形。
(2011.10 青森県 旧・三厩村)

センブリ-葉2

根生葉と思われるもの。この株は花が付かなかったようです。
(2014.11 千葉県銚子市)

センブリ-葉

やや幅広のもの。この程度のものは時々見かけます。
(2008.10 東京都高尾山)

センブリ-茎

葉の基部は茎を抱きます。
(2016.11 千葉県銚子市)

センブリ-参考

中部以下の葉が長楕円形のもの。ここのセンブリは広線形のものが多いですが、
ある一カ所にこのようなものがまとまって見られました。(2014.11 千葉県銚子市)