エゾボウフウ

top
セリ科 Umbelliferae
セリ科 Apiaceae
丈は20-70cm、茎は細く、上部で分枝します。葉は3出複葉し、更に1-2回3出複葉または羽状複葉、更に裂けて、先端が長く尖ります。縁には鋸歯が見られます。
花は複散形花序に付き、花序には総苞片も小総苞片もありません
良く似たミヤマセンキュウには総苞片、小総苞片ともに見られます。

 

2016.6.5 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3

エゾボウフウ-全体

海岸のやや湿った草地でよく見られました。
(2010.6 青森県八戸市)

エゾボウフウ-全体3

花序はあまり大きくない。
(2015.5 青森県八戸市)

エゾボウフウ-花

(2010.6 青森県八戸市)


エゾボウフウ-花2

総苞片、小総苞片ともにありません。
(2015.5 青森県八戸市)

エゾボウフウ-葉

2-3回3出羽状複葉、小葉の先は長く尖ります。
(2010.6 青森県八戸市)

エゾボウフウ-葉2

下部の葉。やや小葉の幅が広い。
(2015.5 青森県八戸市)

エゾボウフウ-葉3

小葉の裏はやや白く、縁や脈上などに微細な毛のようなものがあるようでした。
(2016.5 青森県八戸市)

エゾボウフウ-茎

葉の基部は鞘状。
(2016.5 青森県八戸市)