ハマウド

top
セリ科 Umbelliferae
セリ科 Apiaceae
春から初夏にかけて、海岸で見られる大型の植物。
丈は1-1.5m、茎はやや赤味を帯びます。葉は1-2回3出羽状複葉で小葉は卵状楕円形で光沢があり、柄の基部は少し膨らみます。
花は大きな複散形花序で密に付き、花色は白。
良く似たアシタバは夏~秋に咲き、花色は淡黄色。

 

2016.5.23 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 葉2

ハマウド-全体

丈は 1-1.5mほど。開花時期はアシタバよりずっと早く、春から初夏。
(2013.5 千葉県鴨川市)

ハマウド-全体2

丈が2m近くになるものも見られました。写真は咲き始めの状態。
(2016.5 神奈川県横須賀市)

ハマウド-花

花は黄色味を帯びず、白い。
(2013.5 千葉県鴨川市)

ハマウド-花2

小総苞片が見られました。
(2016.5 神奈川県横須賀市)

ハマウド-葉

葉は1-2回3出羽状複葉、小葉は卵状楕円形で縁には細かな鋸歯があり、
全体に光沢から見られます。(2013.5 千葉県鴨川市)

ハマウド-葉2

小葉裏。毛は見られない。
(2016.5 神奈川県横須賀市)

ハマウド-茎

茎は赤味を帯び、節が少し膨れます。葉の基部は袋状にはならないようです。
(2016.5 神奈川県横須賀市)