ノダケモドキ (またはイワニンジンの別形状)

top
セリ科 Umbelliferae
セリ科 Apiaceae
「ノダケ」とつきますが、イワニンジンの変化形。
丈は30-120cm、葉は1-2回3出複葉でイワニンジンよりやや少なくまばらで、葉の付け根は鞘状になります。
花は淡緑色で、花序はやや大きくい。

 Y-Listではノダケモドキはイワニンジンのsynonymとしている

 

2012.3.1 作成
  • 全体

ノダケモドキ-全体

写真のものは母種のイワニンジンとの違いがはっきりしませんが、
自生地から判断しました。(2007.9 群馬県・旧妙義町)

ノダケモドキ-花

花は淡緑色で、花弁の先端が赤みを帯びます。
(2007.9 群馬県・旧妙義町)

ノダケモドキ-葉

葉は1-2回3出複葉で小葉は卵形~卵状菱形。ややまばら。
(2007.9 群馬県・旧妙義町)