カワミドリ / (型) キタカワミドリ

top
シソ科 Rabiatae
シソ科 Lamiaceae
やや湿った山地の陽がよくあたる斜面や川沿いなどで見かけるピンクの比較的大きな花穂がとても目立つ花です。
草丈は0.4-1m。葉は対生し、5-10cmの卵形~卵状被針形で先はやや長く尖り、基部は心形、上部の葉の基部は円形でそれぞれ柄があります。

花は茎頂に5-15cmの穂状に密に付き、花冠は8-10mm、花冠から付きだした4本の雄しべが目立ちます。

 

2017.9.8 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 蕾2
  • 葉2
  • 葉3
  • キタカワミドリ
  • 葉4

カワミドリ-全体

丈が1.5mを越える大きな株でした。
(2014.7 岩手県久慈市)

カワミドリ-全体2

海岸の断崖にあった丈の小さなもの。
(2016.9 山形県 旧・温海町)

カワミドリ-全体3

これも1.5mくらいの丈のもの。
(2014.9 長野県塩尻市)

カワミドリ-全体4

茎頂に花を密に付けますが、一度に全部咲かず、まばらに咲きます。少し突きだして
いるのが咲いている花で、全体がピンクなのは萼の色。(2007.8 乗鞍高原)

カワミドリ-花

下唇は3裂し、中央裂片が大きい。花冠から雄しべ4本が長く突き出ます。
裂開前の葯は赤紫色。(2013.10 岩手県久慈市)

カワミドリ-花2

花は筒部が長く上唇、下唇ともに小さい。裂開前の葯は濃いピンクで
花糸は花冠から長く飛び出します。(2014.7 岩手県久慈市)

カワミドリ-花3

正面から・・・。
(2017.9 長野県 旧・長谷村)

カワミドリ-花4

花は輪生状に多数付き、一番下の段は葉腋から茎に沿って柄を伸ばして付いています。
(2014.7 岩手県久慈市)

カワミドリ-蕾

咲いているように見えますが、萼が色づいていてまだ1つも咲いていない。
(2014.7 青森県深浦町)

カワミドリ-蕾2

蕾。萼に腺点かごく短い腺毛のようなものが見られました。
(2014.7 青森県深浦町)

カワミドリ-実

果実(種子)がのぞいています。
(2015.9 長野県塩尻市)

カワミドリ-葉

葉は卵形~卵状被針形。基部はやや心形で先はやや長く尖ります。
(2008.8 高ボッチ山)

カワミドリ-葉2

葉表。ザラついています。
(2014.7 岩手県久慈市)

カワミドリ-葉3

葉裏には腺点が多数あります。
(2014.7 岩手県久慈市)

カワミドリ-茎

茎の断面は四角形、微毛が見られました。
(2014.7 岩手県久慈市)

カワミドリ-全体

以前、キタカワミドリ (f. hypoleuca) と呼ばれたもの。最近は分けない。
(2015.8 秋田県男鹿市)

キタカワミドリ-葉

キタカワミドリは葉裏が白いのが特徴とされます。
葉裏に軟毛が密生するのが白く見える理由。(2016.9 秋田県男鹿市)