エングラー シソ科 Rabiatae 1

トップページ

葉に香りがあるものが多く、シソやハッカ、油をとるエゴマなど、食用になる植物が多く含まれています。共通して、花は上下に分かれた唇形で、茎の断面が四角形、葉が対生するものが大半を占めます。

APG3では、エングラー・クマツヅラ科の一部も含まれるようになりました。

属索引
タ・ナ ハ・マ ヤ・ラ
アキギリ属
イヌコウジュ属
イヌゴマ属
イヌハッカ属
イブキジャコウソウ属
ウツボグサ属
オドリコソウ属
カキドオシ属
カクトラノオ属
カワミドリ属
キランソウ属
シソ属
シモバシラ属
ジャコウソウ属
シロネ属
タツナミソウ属
チシマオドリコソウ属
テンニンソウ属
トウバナ属
ナギナタコウジュ属
ニガクサ属
ハッカ属
マネキグサ属
ミズトラノオ属
ムシャリンドウ属
メハジキ属
ヤマハッカ属
ラショウモンカズラ属
ルリハッカ属

 
背景が・・・紺色 : 変種以上 / 青緑 : 外来種 / 灰色 : 交雑種 / 淡青色 : 品種 / ( ) : 別形状
「未掲載」は在来の変種以上で、エリア内に自生すると推定されるもののみ表示
   
APG では・・・ シソ科 Lamiaceae
キランソウ属 Ajuga
   
(交雑種)
オドリコソウ属 Lamium
     
カキドオシ属 Glechoma マネキグサ属 Loxocalyx
   

キレハマネキグサ
 
ラショウモンカズラ属 Meehania ムシャリンドウ属 Dracocephalum カクトラノオ属 Physostegia
     
タツナミソウ属 Scutellaria

ホクリクタツナミソウ

ヤマジノタツナミソウ

イガタツナミ

ホナガタツナミソウ

コナミキ
   
 
   
エングラー