ムシャリンドウ

top
シソ科 Rabiatae
シソ科 Lamiaceae
丈は15-40cm。葉は2-6cmの広線形で厚みがあって光沢があり、全縁、葉の縁はやや裏側に巻きます。1-3mmのごく短い柄が見られますが、ないこともある。茎には下向きの細かな毛が見られます。
花は茎頂に穂状に付き、空色の3-4.5cmほどで、筒部が太く、上唇はほとんど裂けず、下唇は3裂で中央裂片が大きく、やや前に伸びます。

 

2015.7.8 更新
  • 全体
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

ムシャリンドウ-全体

やっと自生の姿を見る事が出来ました。ここでも非常に数が少ない。
(2015.6 青森県)

ムシャリンドウ-花

花は上唇はほとかど裂けず、少し先端が凹みます。下唇は3裂で側裂片は小さく襟状、
中央裂片が大きく、斑があって前に伸びます。(2015.6 青森県)

ムシャリンドウ-花

花冠外側全体に毛があり、筒部が太い。上唇の内側や花糸に毛が見られました。
(2015.6 青森県)

ムシャリンドウ-花3

萼は上唇3裂、下唇は2裂のようで、基部に狭卵形の苞が付いていました。
(2015.6 青森県)

ムシャリンドウ-葉

葉は広線形で表は目立った毛は見られず、やや裏側に巻く。
(2015.6 青森県)

ムシャリンドウ-葉2

葉裏。脈上に毛があり、面には腺点のようなものが見られました。
(2015.6 青森県)

ムシャリンドウ-茎

茎には下向きの屈毛が密生していました。葉が輪生状に見えていますが、 上に
伸びる葉は葉腋から伸びる側枝の葉。ごく短い柄が確認できます。(2015.6 青森県)