セキヤノアキチョウジ

top
シソ科 Rabiatae
シソ科 Lamiaceae
丈は30-90cm。葉は長楕円形~被針形、下部の葉には柄があり、上部の葉にはありません。
花は集散状に付き、筒部が長く17-20mm、萼裂片は細く伸びます。花柄は10-25mmでほぼ無毛。
よく似たアキチョウジは、花枝が短いことで区別しますが、分布は岐阜県以西とされています。

 

2016.12.18 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3

セキヤノアキチョウジ-全体3

林内のやや明るい所や林縁などで見かけます。長い花冠の筒部が特徴。
(2012.10 山梨県忍野村)

セキヤノアキチョウジ-全体

(2011.9 妙義山)


セキヤノアキチョウジ-全体3

葉腋などから分枝したり花序が出て、次第に草姿が乱れることが多い。
(2011.9 妙義山)

セキヤノアキチョウジ-花

花枝に毛がなく、1-2.5cmあることがアキチョウジとの違い。
ただ、微毛がまばらに見られるものもありました。(2008.9 群馬県・旧新治村)

セキヤノアキチョウジ-花2

花冠は長さ17-20mmでアキチョウジとほぼ同じ。
(2016.9 群馬県藤岡市)

セキヤノアキチョウジ-葉

葉は長楕円形~被針形、柄があります。
(2008.9 群馬県・旧新治村)

セキヤノアキチョウジ-葉2

上部の葉には柄がありません。
(2006.9 神奈川県箱根町)

セキヤノアキチョウジ-葉3

葉裏。脈上に毛が、面にごく小さな腺点のようなものが確認できました。
(2015.9 群馬県妙義山)