タチスミレ

top
スミレ科 Violaceae
花はニョイスミレに似て地味ですが、他の植物によりかかるようにして伸びる特異な姿のスミレ。 アシ原などの灌水地で見られます。
丈は0.3-1mにもなり、茎は細く、葉は長柄があって長被針形、基部は切形~くさび型、柄の基部に葉のようにも見えるほど大きな線状被針形の托葉が2枚あります。
花も長柄があり、側弁の基部に微細な毛が密生します。距は小さく、萼は長く尖ります。

 

2019.5.29 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花正面
  • 花正面2
  • 花横
  • 葉2
  • 葉3
  • 托葉
  • 托葉2

タチスミレ-全体

雨が降れば灌水する柳の疎林に生えるアシの茂みの中で、
ひっそりと花を咲かせていました。(2019.5 茨城県)

タチスミレ-全体2

丈は私の太もも程度もありました。
(2014.6 茨城県)

タチスミレ-全体3

(2019.5 茨城県)


タチスミレ-全体4

5月中旬頃の様子。まだ蕾は見られませんでしたが、
既に丈は30cmを優に超えていました。(2015.5 茨城県)

タチスミレ-花

肉眼では、側弁基部がやや緑色を帯びて見える以外、
ニョイスミレとの差異は感じられませんでしたが・・・ (2019.5 茨城県)

タチスミレ-花2

側弁に微細な毛が密生しているだけでなく、唇弁の中央付近にも毛のようなものが
見られました。(2014.6 茨城県)

タチスミレ-花3

萼は長く伸びています。付属体はなく、距は短い。
(2014.6 茨城県)

タチスミレ-実

(2014.6 茨城県)


タチスミレ-葉

柄は長く、基部に2枚の葉状の大きな托葉が2つ付く。
(2014.6 茨城県)

タチスミレ-葉

葉身は長被針形。
(2014.6 茨城県)

タチスミレ-葉3

葉は無毛、縁に目立たない小さな鋸歯があります。
(2015.5 茨城県)

タチスミレ-托葉

托葉は2枚あり、長く伸びて2-4cmくらいで、数個の粗い鋸歯が見られます。
(2015.5 茨城県)

タチスミレ-托葉2

托葉は大きくて葉のよう。この写真で下のボケに写っているものはほぼ全部托葉。
(2014.6 茨城県)