エゾノミズタデ

top
タデ科 Polygonaceae
一見、ヒルムシロの仲間と似ていますが、水生だけでなく、陸生することもあります。
(水生の場合) 茎の下部は地下径となり、節から枝を水面に伸ばし無毛。葉は7-10cmの長楕円形で基部は切形~心形、長い柄があります。花序は2-4cm。
(陸生の場合) 茎は直立して粗い毛が見られます。葉はやや大きく、10-20cmの長被針形、伏毛があり、基部は円形、柄は長く伸びない。花序は2cm。

 

2019.7.11 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 群生
  • 群生2
  • 全体2(陸生)
  • 花2
  • 葉2

エゾノミズタデ-全体

水生の姿。ヒルムシロと似ていますが、花被があります。
(2012.7 青森県 旧・木造町)

エゾノミズタデ-全体2

(2019.7 青森県 旧・木造町)


エゾノミズタデ-群生

(2013.6 青森県 旧・木造町)


エゾノミズタデ-群生2

(2017.7 青森県 旧・木造町)


エゾノミズタデ-全体2

陸生の姿。水が干上がって陸生型となったようで、横に匍う褐色のの地下径の節から立ち
あがって丈は10cmほど、葉が少し細い。(2015.7 青森県 旧・木造町)

エゾノミズタデ-花

水中の茎から花柄を伸ばし、穂状に花を密に付けていました。
花柄にエゾイトトンボと思われるのヤゴが付いていました。(2012.7 青森県 旧・木造町)

エゾノミズタデ-花2

花被は5枚、雄しべ5個、柱頭は2裂・・・と写真からは読めます。
(2012.7 青森県 旧・木造町)

エゾノミズタデ-葉

ヒルムシロの仲間と似ていますが、葉脈が中央から横に伸びており、
単子葉植物でない事が分かります。(2012.7 青森県 旧・木造町)

エゾノミズタデ-葉2

(2017.5 青森県 旧・木造町)