シロバナサクラタデ

top
タデ科 Polygonaceae
サクラタデに似ていますが、花披片は白で小さい。
丈は0.5-1m、葉は7-16cmの被針形で両端は鋭頭、短柄があり、脈上や縁に毛が見られます。托葉は長い鞘状で、縁毛は長い
花は弓なりに垂れる総状にややまばらに付き、花弁はなく、萼は5裂で長さ3-4mm
従来、雌雄異株とされていましたが、近年は花柱や花糸の長さが異なる異形花柱であるとされています。

 

2018.10.30 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 托葉鞘
  • 芽出し

シロバナサクラタデ-全体

海岸の岩場に出来た水たまりのあちこちで、群生していました。
(2010.10 千葉県館山市)

シロバナサクラタデ-全体

海岸の岩場に出来た水たまりのあちこちで、群生していました。
(2016.11 千葉県館山市)

シロバナサクラタデ-全体3

(2015.9 千葉市)


シロバナサクラタデ-全体4

(2012.10 静岡市)


シロバナサクラタデ-花

従来は雄花とされていた短花柱の花と思われるもの。
花被は3-4mmほどでサクラタデより小さい。(2012.8 静岡県富士市)

シロバナサクラタデ-花2

ここも全て短花柱型。多くは花柱2、雄しべ6でした。未だ長花柱型には出会えておらず、その葯に花粉があれば「雌雄同株」を確認できるのですが・・・。(2016.10 千葉県木更津市)

シロバナサクラタデ-花3

萼にはやや不明瞭ながら腺点が見られました。が、ないものもあるそうです。
(2018.10 千葉県 旧・成東町)

シロバナサクラタデ-葉

葉は被針形。
(2006.9 千葉市)

シロバナサクラタデ-葉2

葉表。微細な毛が一面に見られました。この写真には写りませんでしたが、
腺点も少し見られました。(2015.9 千葉市)

シロバナサクラタデ-葉3

葉裏。葉の縁と裏面脈上に毛があり、裏面全体に小さな腺点が多数見られました。
(2015.9 千葉市)

シロバナサクラタデ-托葉鞘

托葉鞘は筒形で先に長い毛があります。
(2006.9 千葉市)

シロバナサクラタデ-芽出し

(2014.3 千葉市)