タカネスイバ

top
タデ科 Polygonaceae
名のごとく、高山性のスイバ。雌雄異株。
丈は30-90cmであまり分枝しません。葉は長楕円形~卵形で耳部は小さく、短柄がありますが、茎を抱くようになります。托葉鞘の先が切れ込まず、全縁。
花は茎頂に狭い円錐状に付き、花数は多くない。雌花の内花被片は花後に肥大し、ほぼ円形で全縁。こぶ状突起はない

 

2018.7.23 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4

タカネスイバ-全体

花が咲く直前です。
(2014.8 中ア・木曽駒ヶ岳)

タカネスイバ-全体2

咲いている状態。高山帯ならどこにでもあるような花ですが、
他の植物に気を取られて、いつもなおざりに・・・(2011.8 北ア・白馬岳)

タカネスイバ-全体3

(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)


タカネスイバ-花

雌花序。
(2013.8 長野県白馬尻)

タカネスイバ-花2

雌花。
(2014.8 中ア・木曽駒ヶ岳)

タカネスイバ-花3

雄花序。
(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)

タカネスイバ-花4

雄花。
(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)

タカネスイバ-実

(2013.9 南ア・北岳)


タカネスイバ-葉

葉の幅がスイバなどに比べて広く、全縁。茎を抱きます。
(2011.8 北ア・白馬岳)

タカネスイバ-葉2

中部以上の茎葉は三角状、基部は茎をだくように見えますが・・・。
(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)

タカネスイバ-葉3

(2014.7 中ア・木曽駒ヶ岳)


タカネスイバ-葉4

托葉鞘は筒形で端面は斜形。
(2015.8 南ア・北岳)