ヤナギタデ

top
タデ科 Polygonaceae
刺身のつまとしたそうで、噛むと、少しピリッとした辛さがあります。湧水のある水路などでは、しばしば沈水~抽水植物になります。
丈は30-80cm、茎は直立します。葉がヤナギの葉に似ていることが名の由来で、3-10cmの被針形~長卵形、葉の両面に小さな腺点があります。托葉鞘は筒状で膜質、縁に短い毛があります。
花は総状でややまばらですがボントクタデより密で弓なりになって先は垂れます。萼は2.5-4mmで4-5裂し腺点が見られます。

 

2019.10.21 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 托葉鞘

ヤナギタデ-全体

稲刈り後の田んぼなどでふつうに見られます。
(2019.10 千葉市)

ヤナギタデ-全体2

渓流沿いのあったもの。ツマになるとのことで以前食べて見ましたが、
あまり美味しくはなかった。(2014.8 青森県深浦町)

ヤナギタデ-全体3

(2012.10 静岡市)


ヤナギタデ-全体4

(2019.10 千葉県 旧・成東町)


ヤナギタデ-花

花はボントクタデより密に付きます。
(2015.10 千葉市)

ヤナギタデ-花2

花付きのとても良いもの。
(2012.10 静岡市)

ヤナギタデ-花3

(2018.10 千葉市)


ヤナギタデ-花4

(2015.10 千葉市)


ヤナギタデ-花5

萼に小さな腺点が見られます。
(2018.10 千葉市)

ヤナギタデ-葉

葉は被針形~長卵形。
(2006.9 千葉市)

ヤナギタデ-葉2

葉裏。小さな腺点がびっしりと見られました。
(2014.10 千葉市)

ヤナギタデ-葉3

写真ではわかりにくいですが、葉表にも腺点と見られるものがありましたが、
葉裏より少ないようです。脈上と縁に毛が見られました。(2014.10 千葉市)

ヤナギタデ-葉4
沈水葉。ヤナギタデは湧水の水流の中でも見られます。
葉の形は同じですが、質が薄く、半透明状。
写真は水流で屈折していてゆがんで見えています。(2014.8 栃木県高根沢町)

ヤナギタデ-托葉鞘

托葉鞘は筒型で縁毛は短い。
(2015.10 千葉市)

ヤナギタデ-種

種子は約2mm。方眼は1mm。