マルミスブタ

top

トチカガミ科 Hydrocharitaceae
外観は全くスブタと区別できないと言われている植物。種子の両端に突起がなく、表面に突起があることで区別します。
葉は全て根生しているように見え、広線形で縁に微細な鋸歯があります。葉腋から長さ1cmほどの小さな花を水上に付けます。

 

2016.8.28 更新
  • 全体
  • 全体2

マルミスブタ-全体

沢山あり、果実も蕾もあったのに、花は1つも咲いていませんでした。スブタと外観は全く一緒で、よく知る方に場所を教えて頂かなければ、判らなかった。(2015.9 栃木県鹿沼市)

マルミスブタ-全体2

水が少なく、咲いていたのはこれ1つだけ。
(2016.8 栃木県鹿沼市)

マルミスブタ-花

花はスブタと同じ。
(2016.8 栃木県鹿沼市)

マルミスブタ-実

種子の両端に尾状の突起がありません。表面には突起があります。良く似たミカワスブタは
両端に尾状の突起はありませんが、表面は平滑。(2015.9 栃木県鹿沼市)

マルミスブタ-葉

葉が少し細い印象がありましたが、個体差の範囲内なのかもしれません。
(2015.9 栃木県鹿沼市)