ヤナギスブタ

top

トチカガミ科 Hydrocharitaceae
明瞭な茎があるスブタ茎の長さは5-25cmでよく分枝します。葉はスブタより小さくて約5cm程度まで、幅も細く線形で対生します。花は葉腋に付き、スブタと同形ですが、やや小さく感じます。花色は白~淡ピンク。

 

2014.8.25 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

ヤナギスブタ-全体

明瞭が茎が見られる所がスブタとの違い。
(2014.8 栃木県芳賀町)

ヤナギスブタ-全体2

花柄は葉腋から出ます。
(2015.9 栃木県芳賀町)

ヤナギスブタ-全体3

茎があり、分枝するせいかスブタより花数は多く感じました。
(2014.8 栃木県芳賀町)

ヤナギスブタ-全体4

明瞭が茎が見られる所がスブタとの違い。
(2014.8 栃木県芳賀町)

ヤナギスブタ-花
花は基本、スブタと同じ。柄はなく、基部は膜質の苞鞘に包まれた子房。
そこから折れ曲がって花柱の入った筒部を上に伸ばし、水上に3弁花が付く。
(2014.8 栃木県芳賀町)

ヤナギスブタ-花2
萼3つ、線形の花弁3枚(写真のピンク色)、花柱3裂で裂片は円柱状(花弁の内側の
白いもの)、雄しべ3つですが見えない。重要でないと思いますが、花弁の縁には
ごく微細な突起状のものが並んでいました。(2014.8 栃木県芳賀町)

ヤナギスブタ-花3

咲き始めと思われるもの。雄性期で花柱は伸びきっていない様子。
黄色いツブツブは花粉。(2014.8 栃木県芳賀町)

ヤナギスブタ-葉

葉は対生で線形。長さ5cmほど。スブタより葉の間隔は粗い。
(2014.8 栃木県芳賀町)

ヤナギスブタ-葉2

縁に鋸歯が並びます。右側が葉先側。
(2014.8 栃木県芳賀町)