アズマシャクナゲ

top
ツツジ科 Ericaceae
常緑低木で高さは5-6mくらいまで。葉は枝先に集まって付き、5-15cmの倒被針形~楕円状被針形、革質、基部はくさび形、縁に裏面に巻き、葉表は光沢があり、葉裏は淡褐色の軟毛が密生してスポンジ状になる。
花は枝先に3-12個付き、花冠径4-6cm、上部で5裂し、花柄に縮毛がある。
よく似たホンシャクナゲは花冠7-8裂、ハクサンシャクナゲは葉の基部が円形~ハート型。

 

2013.6.14 更新
  • 全体
  • 全体2

アズマシャクナゲ-全体

(2002.5 谷川岳)


アズマシャクナゲ-全体2

(2013.6 秩父・十文字峠)


アズマシャクナゲ-花

花は4-6cmほど。
(2006.6 上高地)

アズマシャクナゲ-葉

葉の基部はくさび形。
(2008.5 群馬県嬬恋村)