(型) ガクウラジロヨウラク -ウラジロヨウラクの別形状-

top
ツツジ科 Ericaceae
ウラジロヨウラクの変化形で、線形の萼片が長くてはっきりわかるものです。長さは概ね5-10mmで花の幅より外にはみ出します。
最近、ウラジロヨウラクと同じとみなされているようです。

 

2019.7.14 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3

ガクウラジロヨウラク-全体

萼片の短いふつうのウラジロヨウラクと一緒に見られることも多い。
(2008.6 秋田県駒ヶ岳)

ガクウラジロヨウラク-全体2

(2019.7 岩手県八幡平)


ガクウラジロヨウラク-全体3

(2018.6 山形県鳥海山)


ガクウラジロヨウラク-全体4

(2019.7 岩手県八幡平)

ガクウラジロヨウラク-花

ウラジロヨウラクに比べて萼の裂片が長く伸びます。
(2018.6 山形県鳥海山)

ガクウラジロヨウラク-花2

萼片は5-10mm、縁に毛が見られます。
(2018.6 山形県鳥海山)

ガクウラジロヨウラク-葉

葉は倒卵形~楕円形。フチに粗い毛があります。
(2019.6 新潟県 旧・松之山町)

ガクウラジロヨウラク-葉2

葉表には粗い毛ず見られました。
(2018.6 山形県鳥海山)

ガクウラジロヨウラク-葉2

葉裏は白く、脈上に太い毛が見られます。
(2018.6 山形県鳥海山)