オオバスノキ

top
ツツジ科 Ericaceae
0.5-1.5mの落葉低木。
若い枝には稜があり、毛が見られます。葉は1.5-5cmの長楕円形から卵形長楕円形で縁に細かな鋸歯があり、柄はごく短い。
花は総状に1-4個付き、花冠は6-7mmの鐘形で下向きに咲き、黄緑色でしばしば赤みを帯びます。萼も鐘形で裂片は小さく、広三角状

 

2019.7.14 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2

オオバスノキ-全体

スノキに比して葉が大きい。
(2013.6 秋田県駒ヶ岳)

オオバスノキ-全体2

(2013.6 秋田県駒ヶ岳)


オオバスノキ-全体3

(2018.6 山形県鳥海山)


 



オオバスノキ-花

花は総状に1-4個付く。
(2013.6 秋田県駒ヶ岳)

オオバスノキ-花2

花冠は鐘形で6-8mm。淡緑色のものもあるそうです。
(2018.6 山形県鳥海山)

オオバスノキ-花3

花冠が緑色のもの。雨に濡れていますが、萼裂片はこの写真のもののほうが典型。
(2019.7 岩手県八幡平)

オオバスノキ-花4

(2018.6 山形県鳥海山)


オオバスノキ-葉

葉は楕円形で大きく、縁に細かな鋸歯があります。若い枝には毛が見られます。
(2018.6 山形県鳥海山)

オオバスノキ-葉2

葉裏。
(2018.6 山形県鳥海山)