ヤマホトトギス

top
  ユリ科 Liliaceae
白地の部分が多い印象のホトトギス
茎は長さ40-70cm、斜め下向きの毛がややまばらに見られます。葉は8-15cmの長楕円形~楕円形で、先がツンと尖り、毛が見られます。
花は上部の葉腋に散房状に付き、腺毛が多く、花披片が反り返って下を向きます。花被片は15-20mm、紫色の斑は少なく、全体に白っぽい印象。

 

2017.9.10 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花5
  • 葉2

ヤマホトトギス-全体2

紫色の斑は少ないと言われますが、ここではそうとは限らないようです。
ここのものはこのようなものが半数を占めていました。(2017.9 千葉市)

ヤマホトトギス-全体2

(2006.9 千葉市)


ヤマホトトギス-花

花被片は反り返ります。内花被片は外花被片に比して幅が狭い。
(2017.9 千葉市)

ヤマホトトギス-花2

花柄に腺毛が見られます。ふつう、花糸や花柱に斑がある。
(2017.9 千葉市)

ヤマホトトギス-花3

時に、花柱や花糸の斑が不明瞭なものや、全くないものも見られます。
外花被片の基部は短い距になります。(2017.9 千葉市)

ヤマホトトギス-花4

花柱は3裂し、その先端は2裂、腺状突起が見られます。
雄しべは6本ですが、3本は花柱と重なる位置。(2015.9 千葉市)

ヤマホトトギス-花5

咲き始めの時は花被片が必ずしも反曲しませんのでわかりにくいです。
(2010.7 群馬県妙義山)

ヤマホトトギス-葉

葉は長楕円形~楕円形、先はツンと尖り、基部は茎を抱く。
(2017.9 千葉市)

ヤマホトトギス-葉2

葉裏。脈上に毛が見られました。面にも見られますがこの写真ではわかりにくい。
(2017.9 千葉市)

ヤマホトトギス-茎

茎には斜め下向きの毛が見られます。ヤマジノホトトギスは斜め上向き。
葉裏の面の毛が写っています。(2017.9 千葉市)