イズアサツキ

top
ユリ科 Liliaceae
ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
エゾネギの変種。
アサツキより花茎が低く、咲き始めの頃は30cm以下。花茎が葉の横から出るものがある。
花冠はやや小降りで、花被片は長さ7-9mm、花色も淡く、白~淡ピンク。

 

2017.6.22 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

イズアサツキ-全体

蕾ばかりの株のほうが多くて、咲いている株がチラホラ程度、前年秋に場所は確認済みで
一面に咲いている姿を想像して来たのに残念でした。(2012.6 静岡県)

イズアサツキ-全体2

丈は30-50cmとのことですが、見たものは全て30cmに満たないものばかり。
花が終盤になると大きくなるのでしょうか。(2012.6 静岡県)

イズアサツキ-花

花被がやや短めで先が尖り、
(2017.6 静岡県)

イズアサツキ-花2

雄しべも雌しべも花冠から飛び出さない。
(2017.6 静岡県)

イズアサツキ-花3

基部に苞が残っていました。
(2017.6 静岡県)

イズアサツキ-葉

秋に撮影したものです。
(2011.11 静岡県)

イズアサツキ-葉2

アサツキ同様に葉は円筒状。
(2017.6 静岡県)