マルバサンキライ

top
ユリ科 Liliaceae
サルトリイバラ科 Smilacaceae
雌雄異株。
丈は30-50cm、茎はツル状にはならず、稜があり、刺はありません。葉は4-7cmの広卵形で、やや光沢があり、3-5個の縦の脈があり、脈間に網目状の小脈があります。基部は切形~円形、裏面は白い。柄はふつう赤く、巻きひげはない
花は2-5個からなる小さな散形花序に付き、花被片は長楕円形で淡黄色。果実は径6-8mmで黒く熟します。
よく似たサルマメは、葉の先端が円頭、葉柄の基部に刺があります。

 

2016.7.4 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 葉2
  • 葉3

マルバサンキライ-全体

丈は30-50cm、刺もなく、巻きひげもなく、ツル状にもならない。
(2016.5 岩手県岩泉町)

マルバサンキライ-全体2

(2016.5 岩手県岩泉町)


マルバサンキライ-全体3

果期。
(2016.6 岩手県岩泉町)

マルバサンキライ-花

拡大画像。不覚にも、現地では花が咲いていることに気づかなかった。お恥ずかしい限りです。
雌花と推定。花被は平開するも、反曲しないようです。花序は小さい。(2016.5 岩手県岩泉町)

マルバサンキライ-実

若い果実。
(2016.6 岩手県岩泉町)

マルバサンキライ-葉

葉は広卵形で基部は切形のものが多く、縦の脈は3-5本、柄は赤いことが多い。
巻きひげはない。緑色の部分は茎。(2016.5 岩手県岩泉町)

マルバサンキライ-葉2

多少、斑が入るものもありました。茎には稜がある。
(2016.5 岩手県久慈市)

マルバサンキライ-葉3

葉裏はやや白い。
(2016.6 岩手県岩泉町)

マルバサンキライ-茎

(2016.6 岩手県岩泉町)