シライトソウ

top
ユリ科 Liliaceae
シュロソウ科 Melanthiaceae
花茎は20-50cm、根生する葉はヘラ状で3-14cm、縁が細かく波立ち、基部は細まって柄に続きます。茎葉は細くてやや小さく、線形~線状被針形。
花は全て両性花で、穂状に多数付き、下から順に咲きます。6枚の花被のうち、上側4枚が長く7-12mmの線形でわずかに先端部が太い。下側の2枚は短い。

 

2014.5.24 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 葉2

シライトソウ-全体

丈は20-50cmですが、ここには50cmを越えるものも多く見られました。
(2014.5 埼玉県武蔵森林公園)<植栽推定>

シライトソウ-全体2

やや小さい株。花もやや小さくてアズマシライトソウに似ていましたが、
それでも30cmくらいはありました。(2014.5 埼玉県武蔵森林公園)<植栽推定>

シライトソウ-花

花被片は上4枚は長く8-12mm、下2枚は小さい。
(2014.5 埼玉県武蔵森林公園)<植栽推定>

シライトソウ-花2

斜め下から見ると、雄しべや雌しべの様子がよくわかります。花柱の先端は3裂。この個体の
下側花弁はほとんどわからないくらい短い。(2014.5 埼玉県武蔵森林公園)<植栽推定>

シライトソウ-葉

株の大きいものは、茎葉の数も多いようです。
(2014.5 埼玉県武蔵森林公園)<植栽推定>

シライトソウ-葉2

根生する葉はヘラ形。縁は波状。
(2014.5 埼玉県武蔵森林公園)<植栽推定>