マルバアキグミ

top
グミ科 Elaeagnaceae
アキグミの海岸型変異。葉の幅が広く、3-7cmの卵円形~広楕円形で鈍頭、厚みもあります。うろこ状の毛はアキグミより密。

 

2019.4.20 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 樹皮

マルバアキグミ-全体

海岸から離れた内陸部にあり、丈は3m以上ありました。
(2019.4 千葉県 旧・成東町)

マルバアキグミ-全体2

(2019.4 千葉県 旧・成東町)


マルバアキグミ-全体3

(2019.4 千葉県 旧・成東町)


マルバアキグミ-全体4

果期
(2011.10 千葉県銚子市)

マルバアキグミ-花

花はアキグミと同じ。
(2019.4 千葉県 旧・成東町)

マルバアキグミ-花2

萼裂片は卵形~三角状、鋭頭。
(2019.4 千葉県 旧・成東町)

マルバアキグミ-花3

萼筒は5-7mmで、基部に向かって細まるものが多い。全体がうろこ状毛が覆われ、
赤褐色のうろこ状毛が見られます。(2019.4 千葉県 旧・成東町)

マルバアキグミ-実

果実は球形で径6-8mm。
(2010.10 神奈川県三浦市)

マルバアキグミ-葉

葉は卵円型~広楕円形。うろこ状の毛が見られます。
(2019.4 千葉県 旧・成東町)

マルバアキグミ-葉2

葉裏。うろこ状毛が蜜にあり、赤褐色のうろこ状毛が散生。
(2019.4 千葉県 旧・成東町)

マルバアキグミ-枝

枝にも褐色のうろこ状毛が蜜に見られます。
(2019.4 千葉県 旧・成東町)

マルバアキグミ-樹皮

樹皮は灰黒色で古木では縦溝が入ります。
(2019.4 千葉県 旧・成東町)