ヤマクワガタ

top
 ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
 オオバコ科 Plantaginaceae
やや標高の高い山地にあるクワガタソウで全体に毛が長く多い
丈は5-15cm、茎にはやや長い軟毛が多く見られます。葉は対生で広卵形で12-25mm、先は尖り基部は切形で柄が見られ、鋸歯がクワガタソウに比べて低く、寝ています。葉の両面に白毛が見られます。
花はクワガタソウに比べて色が薄く、白~ごく淡いピンクで8mm、花冠は深く4裂し、1裂片が小さい。

 

2015.3.13 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2

ヤマクワガタ-全体

かたまって咲いていました。
(2013.5 東京都八王子市)

ヤマクワガタ-全体2

(2014.5 神奈川県箱根町)


ヤマクワガタ-全体3

白っぽい花が多いのですが、このようなものもありました。
(2009.8 栃木県日光市)

ヤマクワガタ-花

花はクワガタソウより小さく8mmほど。花冠底部に毛が見られます。
(2014.5 神奈川県箱根町)

ヤマクワガタ-花2

花柄や花序の軸には開出した毛が見られますが、写真のものは長い屈毛でした。
(2013.5 東京都八王子市)

ヤマクワガタ-葉

葉は広卵形。ダランと垂れているものが多く、毛が目立ちます。
(2013.5 東京都八王子市)

ヤマクワガタ-葉2

葉を真横から見たもの。裏面、特に脈上の毛が目立ちます。茎には長い毛が見られます。
写真のものは長くて曲がった毛ですが、直毛がふつう。(2014.5 神奈川県箱根町)

ヤマクワガタ-茎

茎の毛が長く開出する軟毛・・・こちらのほうが一般的。
(2013.5 東京都八王子市)