ナガミノツルキケマン (ナガミノツルケマン)

top
ケシ科 Papaveraceae
ツルキケマンと似ていますが、独立種。
丈は~1.2m、葉は2-3回3出複葉で、小葉はさらに深裂します。
花は濃黄色で15-20mm、花序が長く伸びます。苞は幅が狭く小型で2-5mm、果実は倒狭形で種子は1列に並びます

 

2018.9.15 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 実2
  • 葉2

ナガミノツルキケマン-全体

朔果がないとツルキケマンとの区別がわかりにくいことがありますが、多くの場合、
花色の違いで見当が付きます。(2011.9 長野県白馬村)

ナガミノツルキケマン-全体2

(2018.9 長野県 旧・真田町)


ナガミノツルキケマン-全体3

(2006.9 長野県信濃町)


ナガミノツルキケマン-花

ツルキケマンに比して花序が長く伸び、花数もやや多い。
(2011.9 長野県白馬村)

ナガミノツルキケマン-花2

苞が小さく、花色が濃い黄色。
(2006.9 長野県信濃町)

ナガミノツルキケマン-花3

苞は小さく、花がほとんど隠れない。よく似たツルキケマンは多くの場合、
苞が邪魔して花の距の一部が隠れてしまう。(2018.9 長野県 旧・真田町)

ナガミノツルキケマン-実

種子は鞘の中で1列に並びます。ツルキケマンは2列。形も細長くて
中央が橫にが膨らみません。(2013.8 長野県白馬村)

ナガミノツルキケマン-実2

種子は2列入っていますが、外からはわかりにくい。まだ若いせいか、
触っても2列の感触は得られなかった。(2018.9 長野県 旧・真田町)

ナガミノツルキケマン-葉

葉は2-3回3出複葉、小葉は3深裂。
(2014.8 長野県白馬村)

ナガミノツルキケマン-葉2

小葉の裏。
(2015.9 長野県 旧・真田町)

ナガミノツルキケマン-茎

茎には稜があり、断面は四角形。左に伸びるのは葉柄。
(2014.10 茨城県高萩市)