(雑) シロバナアブラギク

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
リュウノウギクアワコガネギクの自然交雑種。
花色は普通白ですが、黄色のものもあるそうです。交雑種なので両者の中間の範囲で形態がバラツキます。

 

2016.10.14 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 総苞

シロバナアブラギク-全体

リュウノウギクが群れている中にあり、ひとまわり小さい淡黄色の花で気づきました。
交雑種なのでいろいろな形態があると思います。(2013.10 茨城県 旧・水府村)

シロバナアブラギク-全体2

花色が白いもの。舌状花はリュウノウギクに比して短いようです。
(2017.10 長野県佐久市)

シロバナアブラギク-花

花はリュウノウギクアワコガネギクの中間くらいの大きさでした。
(2013.10 茨城県 旧・水府村)

シロバナアブラギク-総苞

この写真で見る限り、総苞片は3列にも4列にも見えます。リュウノウギクのように、
片が葉状に大きくなるものは見られなかった。(2013.10 茨城県 旧・水府村)

シロバナアブラギク-葉

葉の先端は尖っていましたが、裂け方はアワコガネギクより粗い印象がありました。
(2013.10 茨城県 旧・水府村)