テリミノイヌホオズキ

top
ナス科 Solanaceae
イヌホオズキアメリカイヌホオズキとよく似ていますが、花が小ぶりで、花序に付く花数が多くて5-10個程度が散形状に付くのが特徴。
丈は20-60cm、葉は広卵形で先がするどく尖り、茎にしばしば短い刺が付きます。
花は径4-6mmで裂片は短く、極端に反り返らないことが多い。果実は径4-7mm。
イヌホオズキアメリカイヌホオズキは、花は6-8mm前後あり、裂片が反り返る。さらにイヌホオズキは花は総状に付く。

 

2015.9.28 更新
  • 全体

テリミノイヌホオズキ-全体

やっと撮り直せると思ったら電池切れで、1カットで終わってしまいました。花が小さい、
花(果実)が多いという特徴はわかっていただけるかと・・・。(2015.9 宮城県松島町)

テリミノイヌホオズキ-花
花は放射状に5個以上付きます。他のイヌホオズキより全体に毛が少ない。
花冠が小さく、裂片が大きく反り返らない事が多いにもかかわらず、径4-6mmで、
他のイヌホオズキを見慣れていれば、だいぶ小さく感じます。(2015.9 宮城県松島町)