ツルウメモドキ

top
ニシキギ科 Celastraceae
実のなった枝は花屋などでも売られていて、庭に植えられることも多いツル性の植物。
丈は2-4mのツル性の落葉低木でツルは2-4mになります。葉は2-8cmの楕円形~倒卵形、縁にごく浅い鋸歯が見られ、毛はありません。
花は雄株では葉腋に数個、雌株では1-3個付き、いずれも黄緑色で径6-8mm。果実は7-8mmの球形で黄色に熟し熟すと3裂、種子を包む仮種皮は赤い。
葉裏の脈上に突起毛のあるものは、オニツルウメモドキと呼ばれ、より高所で見られます。

 

2019.5.13 更新
  • 全体
  • 果期
  • 果期2
  • 果期3
  • 果期4
  • 花2
  • 実2
  • 葉2


果実はよく目立ちますが、花期は地味で見逃し続けていました。
(2019.5 山梨県御坂町)

ツルウメモドキ-果期

果期。まだ果実は若い。
(2017.7 青森県鰺ヶ沢町)

ツルウメモドキ-果期2

初冬の野山でよく目立ちます。切り花などにもよく使われます。
(2008.12 群馬県榛名山)

ツルウメモドキ-果期3

(2018.11 山梨県塩山市)


ツルウメモドキ-果期4

電線に絡まって・・・。
(2018.11 山梨県 旧・塩山市)

ツルウメモドキ-花

雄花花序。多数付きます。
(2019.5 山梨県御坂町)

ツルウメモドキ-花2

雄花
(2019.5 山梨県御坂町)

ツルウメモドキ-実

裂開前の果実。
(2018.10 長野県小谷村)

ツルウメモドキ-実2

果実は3裂し、3つの赤い種子が露出します。
(2018.10 長野県小谷村)


(2017.7 青森県鰺ヶ沢町)


ツルウメモドキ-葉2

葉裏。
(2019.5 山梨県御坂町)