カクトラノオ

top
シソ科 Rabiatae
シソ科 Lamiaceae
園芸用に持ち込まれた北米原産外来種の逸失。ハナトラノオと呼ばれることも多い。
丈は1m超になることもあります。葉は広線形~長楕円形でやや厚みがあり、針状の鋸歯が見られます。
花は茎頂に20cmほどの穂状に付き、花冠長さ3cm、花色はピンク~白、下唇は3裂。

 

2018.12.26 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • 白花

カクトラノオ-全体

ここでは、昔からあったかのごとく、湿原の入り口で沢山自生していました。
(2015.8 長野県 旧・美麻村)

カクトラノオ-全体

(2008.8 長野県 旧・美麻村)


カクトラノオ-花

花は穂状に沢山付き、色もいろいろ。逸失しているものは多くがピンク。
(2015.8 長野県 旧・美麻村)

カクトラノオ-花2

上唇は裂けず、下唇は3裂で中央裂片が大きい。形はムシャリンドウに似ている。
(2008.8 長野県 旧・美麻村)

カクトラノオ-花3

花糸は4本とも同長のようです。
(2015.8 長野県 旧・美麻村)

カクトラノオ-花4

萼は筒部が長く、裂片は短くて三角状。無毛のようです。
基部に非常に短い柄があるように見えました。(2015.8 長野県 旧・美麻村)

カクトラノオ-葉

葉は広線形~長楕円形で針状の鋸歯があります。鋸歯は基部近くまであるものもある。
(2015.8 長野県 旧・美麻村)

カクトラノオ-葉2

葉裏。
(2015.8 長野県 旧・美麻村)

カクトラノオ-茎

茎は無毛。節は少し膨らんでいました。
(2015.8 長野県 旧・美麻村)

カクトラノオ-白花

(2016.9 千葉市)