ツルニガクサ

top
シソ科 Rabiatae
シソ科 Lamiaceae
一見ではニガクサと区別できないほどそっくりです。
丈は20-40cm、葉は4-10cmの卵状長楕円形~広被針形で、先は尖り基部は円形、柄があります。
花は茎頂や葉腋に総状状花序に付き、花冠長さ8-10mm、上唇はごく短く2裂、下唇は3裂で中央裂片が大きく、途中で折れ曲がります。萼には腺毛が見られます。
ニガクサは萼に腺毛がない。

 

2017.9.13 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 葉2

ツルニガクサ-全体

林内の一角に群生していました。
(2010.7 千葉市)

ツルニガクサ-全体2

花は小さく、一度に多く咲いている姿はあまり見ません。
(2010.7 千葉市)

ツルニガクサ-全体3

実際はこんな感じに見えることが多く、地味。
(2017.9 千葉県天津小湊町)

ツルニガクサ-全体3

丈が20-30cmの小さいものでも花を付けていました。
(2016.8 栃木県 旧・栗山村)

ニガクサ-花2

萼に腺毛が見られます。花冠筒部にも見られました。
(2016.8 栃木県 旧・栗山村)

ツルニガクサ-花2

雄しべ4、花柱先端が2裂。
(2016.8 栃木県 旧・栗山村)

ツルニガクサ-葉

葉は長楕円形で腺毛があります。
(2010.7 千葉市)

ツルニガクサ-葉2

脈上に毛がややまばらに見られ、縁毛も見られました。
(2017.9 千葉県天津小湊町)

ツルニガクサ-茎

茎には4稜があり、葉柄とともにまばらに毛が見られました。
(2017.9 千葉県天津小湊町)