ミヤマキスミレ

top
スミレ科 Violaceae
母種のオオバキスミレより標高の高いところで見られます。3枚の葉が茎のほとんど同じ所から出ます

 

2019.2.9 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 葉2

ミヤマキスミレ-全体

葉がオオバキスミレほど大きくない印象です。
(2011.5 群馬県 旧・水上町)

ミヤマキスミレ-全体2

(2008.5 上高地)


ミヤマキスミレ-花

花はオオバキスミレと変わらず、萼の付属帯はありません。
(2011.5 群馬県 旧・水上町)

ミヤマキスミレ-葉

茎が赤味を帯びるものも多く、小型である点はナエバキスミレに似ていますが、
葉が3枚、ほぼ同じ所から出ます。(2011.5 群馬県 旧・水上町)

ミヤマキスミレ-葉2

葉の幅はオオバキスミレより狭く、先は長く尖ります。
基部は明瞭な心形にはならない。(2011.5 群馬県 旧・水上町)