キバナハナネコノメ

top
ユキノシタ科 Saxfragaceae
シロバナネコノメの変種で萼片が黄色いものです。
丈は10-15cm、一見コガネネコノメソウにも似ていますが、花はハナネコノメを黄色にしたような感じで、萼裂片は平開、先は丸く、雄しべは8で萼裂片より長く、葯はオレンジ色です。
他はほぼシロバナネコノメと同じで、茎葉は対生で1-2対、扇形~腎円形で基部はくさび形、丸い鋸歯があります。根生葉は花期にも残ります。茎は赤い。

 

2019.5.11 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 参考(白花)
  • 参考(白花)2

キバナハナネコノメ-全体

少し遅かったようでしたが、場所によってはまだ見頃の花を見ることが出来ました。
(2019.5 静岡市)

キバナハナネコノメ-全体2

(2019.5 静岡市)


キバナハナネコノメ-全体3

(2019.5 静岡市)


キバナハナネコノメ-全体4

(2019.5 静岡市)


キバナハナネコノメ-花

萼裂片は平開~斜開、雄しべは8個で萼片より長く、裂開前の葯はオレンジ色。
(2019.5 静岡市)

キバナハナネコノメ-葉

無花茎の葉。
(2019.5 静岡市)

キバナハナネコノメ-参考

ハナネコノメと共棲・・・かと思いましたが、葯はオレンジ色。葉もキバナノハナネコノメと全く一緒でキバナハナネコノメの白花ではないかと・・・。
雄しべは萼片より長く、シロバナネコノメとするには躊躇われた。(2019.5 静岡市)

キバナノハナネコノメ-参考

裂開前の葯はオレンジ色でした。なお、撮影に失敗してしまいましたが、白花と同一株の開花初期の花に黄色味を帯びるものがあり、雑種とも考えられました。(2019.5 静岡市)