ミヤマクロユリ

top
  ユリ科 Liliaceae
クロユリ伝説で有名な花。雄性両全性同株。(※)
丈は10-30cm、葉は被針形~長楕円状被針形で2-3段3-5葉が輪生状に付きます。
花は最上部の葉腋から柄を伸ばし、下向きに密に褐色の網目模様の入った花を1-2輪付けます。花被片は25-30mm。同じ株に両性花と雄性花をの両方を1つずつ付けることが場所によってはよく見られます。
なお、「クロユリ」の名称は、エゾクロユリを指す場合と本種を含む広義で用いる場合があり、本種のみでは使用されません。

※ 両性花と雄性花が同じ株に付くの意。植物の性の用語については、こちらをご覧下さい

 

2018.7.22 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 全体5・葉
  • 両性花
  • 雄性花
  • 花3
  • 葉2

ミヤマクロユリ-全体

花はやや下向きに咲きます。両性花と雄性花があります。
(2006.7 山形県月山)

ミヤマクロユリ-全体2

(2017.8 中ア・木曽駒ヶ岳)


ミヤマクロユリ-全体3

(2008.7 北ア・白馬岳)


ミヤマクロユリ-全体4

やや湿った草地などで見られます。周囲はキバナノコマノツメ
(2013.7 長野県木曽駒ヶ岳)

ミヤマクロユリ-全体5・葉

葉は中程で3-5枚輪生。最上部の葉は1枚のこともあれば3枚程度
輪生することもあるようでした。(2013.7 長野県木曽駒ヶ岳)

ミヤマクロユリ-両生花

両性花。月山ではこれだけのものが多かった。
(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)

ミヤマクロユリ-雄性花

雄性花。花柱がありません。木曽駒では、雄性花の混じる個体が多く見られました。
(2017.8 中ア・木曽駒ヶ岳)

ミヤマクロユリ-花3

(2018.7 中ア・木曽駒ヶ岳)


ミヤマクロユリ-葉2

葉は被針形~長楕円状被針形、光沢は見られない。
(2008.7 北ア・白馬岳)

ミヤマクロユリ-葉2

(2017.8 中ア・木曽駒ヶ岳)