オオナルコユリ

top
ユリ科 Liliaceae
クサスギカズラ科 Asparagaceae
ナルコユリと大きさはさほど変わらず、茎の長さは0.8-1.3mほどになり、弓なりになります。葉も15-30cmと大きく、幅もナルコユリより広くて被針形~長楕円形、3脈が目立ちます。葉裏は平滑。
花はナルコユリよりやや少なく、下部では2-4個ずつ、上部では1つ垂れ下がり、筒部は25-35mmナルコユリより1.5倍ほど大きく、先端部が太まる漏斗状鐘形。花被片は合着し、先端部は緑色。

 

2019.6.22 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • ナルコユリとの比較

オオナルコユリ-全体

茎をまっすぐに伸ばすと、優に1mを超えるものが群生していました。
(2019.6 新潟県 旧・松之山町)

オオナルコユリ-全体2

小型の株。花は1つずつしか付いていませんが、ナルコユリより遙かに大きい。
葉も笹葉状ではない。(2019.5 茨城県 旧・八郷町)

オオナルコユリ-全体3

花が大きいので丈が小さく見えますが、これも茎は1m以上ある。
(2019.6 新潟県 旧・松之山町)

オオナルコユリ-花

1花序に付く花数はナルコユリほど多くはない。
(2019.6 新潟県 旧・松之山町)

オオナルコユリ-花2

花はナルコユリより明らかに大きく、長さ25-35mm。上部では1つしか付かない。
(2019.5 茨城県 旧・八郷町)

オオナルコユリ-花3

下部では2-4個付く。
(2011.5 茨城県筑波山)

オオナルコユリ-茎

茎は稜がなく、丸い。
(2011.5 茨城県筑波山)

オオナルコユリ-葉

葉はナルコユリより幅が広く、長楕円形。3脈が目立ちます。
(2019.5 茨城県 旧・八郷町)

オオナルコユリ-葉2

葉裏。小脈は隆起せず、突起等も見当たらなかった。
(2019.5 茨城県 旧・八郷町)

オオナルコユリは、「茎が長く、花数の多いナルコユリ」との誤解があり、私自身も過去に誤解した経緯がありましたので、以下に整理しました。

  オオナルコユリ ナルコユリ
茎の長さ 60-140cm 40-140cm
葉の形 被針形~長楕円形
(やや丸みを感じる)
線状被針形~被針状長楕円形 (笹葉状)
葉裏 平滑 僅かに突起があるか、平滑
花数 上部1個、下部2-4個
(花序に付く花は少ない)
上部まで2-6個
花の形 漏斗状鐘形
(先がやや膨らむ感じ)
筒形
花の長さ 2.5-3.8cm 
(アマドコロよりかなり大きい)
1.7-2.3cm
(アマドコロと同じかやや小さい)
その他 葉の3脈が目立つ  


まとめ・・・オオナルコユリは・・・
・全体の大きさはナルコユリとほとんど変わらない。
・花数はナルコユリより少ないが、花は明らかに大きく、先がやや太まる。
・葉はナルコユリより幅が広く、笹葉状には見えない。