ホソバノシバナ

top
シバナ科 Juncaginaceae
亜寒帯の植物。シバナが塩水の岸辺・・・海岸にあるのに対して、こちらは真水に岸辺・・・主に高層湿原にあります。
シバナに比べて丈が小さく10-30cm、葉は細くて長さ10-25cm。走出枝を出します。
花はややまばらで小さく、6心皮のうち3心皮は不稔。

 

2019.7.8 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 花4

ホソバノシバナ-全体

まだ時期がはやかったせいか、なかなかみつからず、2時間かけてこれ1つだけ。
(2013.6 青森県)

ホソバノシバナ-全体2

(2019.7 青森県)


ホソバノシバナ-花

雌性期。オオシバナに比べて花はまばらで小さい。
(2013.6 青森県)

ホソバノシバナ-花2

雌性期。花は6心皮のうち3個は不稔。
(2013.6 青森県)

ホソバノシバナ-花3

雄性期。雌花は終わりかけ。
(2019.7 青森県)

ホソバノシバナ-花4

雄性期。外花被開いて、中に白い葯が見えます。内花被は長く伸びるようです。
(2019.7 青森県)

ホソバノシバナ-実

若い果実。オオシバナがマルミノシバナとも呼ばれる所以がわかるような気がする。
(2019.7 青森県)

ホソバノシバナ-葉

葉は細く、基部は広がって鞘状になっていました。
(2019.7 青森県)