記述の内容について

 
トップページ

記述の内容について


■ はじめに

1.このサイトは「図鑑」ではありません。私的な「観察記録」とお考え下さい。

2.掲載している種は、最新の分類では必ずしも独立した種でない場合(synonymとされたものなど)があります。種、亜種、変種、交雑種、一部の品種についても、並列に掲載しております。

■ 掲載している地域について

東北地方、関東地方(伊豆島嶼を除く)、及び新潟県・山梨県・長野県・静岡県東部(静岡市より東)と、岐阜県・富山県の北アルプス高山部、亜高山部、黒部川流域(平野部を除く)に自生する植物です。
但し、例外的にこのエリアの外で撮影した写真が含まれることがあります。

■ 分類について

2019年より変更し、2018.8 の Y-List (植物和名ー学名インデックス http://ylist.info/) に加えて、新「日本の野生植物」1-5 (平凡社) を加えました。
両者の見解が異なるものについては、両論併記としていますが、索引は都合上、Y-Listを優先しております。

■ 掲載種の範囲について

被子植物の草本、木本類です。
ただしホシクサ、イグサ、イネ、カヤツリグサ等については不勉強のため、掲載しておりません。

■ 和種名の表記について

和種名は、一般によく知られているものを使用しておりますので、「標準」の和種名と異なる場合があります。異なる場合は、和種名の後に( )でくくって「標準」の和種名を記載しております。
なお、誤解が多いことから、上記の場合を除き、種のページには「別名」を記載しておりません。和名-学名対照表で"synonym"とした学名に対応する和種名が別名になりうるとお考えください。

■ 学名について

2019年より、2018.8 の Y-List (植物和名ー学名インデックス http://ylist.info/) に加えて、新「日本の野生植物」1-5 (平凡社) を加え、両者併記とさせていただきました。
synonymとされている形態のものについては、「synonym」とされた学名と「標準」のものを併記しております。
なお、掲載スペースやブラウザの制約から、書体など、いくつか正式な記述ルールと異なっておりますのでご注意ください。

■ 自生地の「地域」について

「全国」の表記は、北海道~鹿児島県(本土)までを意味しており、南西諸島(含む沖縄県)及び小笠原については記述しておりませんのでご注意下さい。
外来種については、原産地域のみを記しています。

■ 和名-学名対照表について

このサイトの守備エリアに自生するであろう植物をリストアップし、Y-Listおよび日本の野生植物を用いて、学名の変遷や種の統合、分化がわかるよう作成しています。Y-Listおよび日本の野生植物の見解が異なる場合は併記しています。図鑑等と異なる学名の確認や、synonymとされた名を探す等でご利用下さい。

■ 撮影場所の記述について

市町村名は変更が激しいため、記録の都合上、原則として市町村合併前の行政区分(2002年当時)で記述しております。
希少種については、地元の公共団体、公益団体、市販の図鑑などで公開されていないかぎり、慣習に従って都道府県名または山域名に留めさせて頂いております。
撮影日はプライバシー保護のため、月までに留めさせていただきました。

■ 掲載写真について

同一の場所、同一の個体で撮影したもので構成しているとは限りません。
掲載の優先順位は概ね 1.千葉市周辺(筆者の地元) 2.千葉県・北関東 3.青森・岩手・長野県 4.その他の東北・関東・甲信越地域 の順です。

■ 記述部分について

種のページの右側バーのスペックの記述は図鑑等から抜粋記述したものです。
以下の書籍を使用しています。
日本の野生植物1~3<旧版> 1-5<新版> (平凡社) 日本帰化植物図鑑1~2(全農協) 山渓ハンディ図鑑1~2、8<以上旧版>3-6,11(山と渓谷社) 日本の水草(文一総合出版)
なお、各タブ写真下の記述は観察記録とお考えください。私見やコラムは、コメントタブに記述しています。