アゼトウガラシ

top
ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
アゼナ科 Linderniaceae
丈は10-20cm、葉は対生し1-3cmの被針形~狭長楕円形で縁に2-4個の低い鋸歯があり、先は鋭頭~鈍頭、基部は柄状で無毛。
花は長さ6-8mmで葉腋から伸びる柄の先に付き、上唇はほとんど裂けず、下唇は3裂で大きい。下唇に黄色い斑紋があります。花冠筒部外側は褐色を帯びます。雄しべは4本。
よく似たエダウチスズメノトウガラシは葉が狭長倒被針形、ヒロハスズメノトウガラシは倒広被針形でいずれの鋸歯も先が尖ります。

 

2018.9.5 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4

アゼトウガラシ-全体

田んぼでよく見る雑草です。
(2016.8 千葉市)

アゼトウガラシ-全体

葉の細いもの。
(2013.10 千葉市)

アゼトウガラシ-全体3

(2018.9 千葉市)


アゼトウガラシ-花

下唇の中央付近に黄色い斑があります。
(2018.9 千葉市)

アゼトウガラシ-花2

花冠筒部外側は褐色を帯び、微細な毛が見られます。
(2014.9 千葉市)

アゼトウガラシ-実

(2016.8 千葉市)


アゼトウガラシ-葉

葉は被針形~狭長楕円形、先は鋭頭~鈍頭。2-4個のごく浅い鋸歯があります。
(2016.8 千葉市)

アゼトウガラシ-葉

葉が細く、先が鈍頭のもの。
(2013.10 千葉市)

アゼトウガラシ-葉3

葉の表面は無毛で小さな窪みが無数にあります。
(2016.9 千葉市)

アゼトウガラシ-葉4

葉裏。腺のような小さなものが無数に見られました。
(2016.8 千葉市)

アゼトウガラシ-茎

(2015.10 千葉市)