マルバノサワトウガラシ

top
 ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
 オオバコ科 Plantaginaceae
丈は5-15cm、葉は4-10mmの卵円形で先は尖り基部は茎を抱きます。葉裏には腺毛が見られ、茎にも腺毛が散生します。
花は葉腋から10-20mmほどの柄を伸ばして付き、花冠長さ4mm、上唇は裂けず、下唇は3裂で中央裂片は更に2裂します。果実は卵形で2mm。

 

2015.8.24 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 花2

マルバノサワトウガラシ-全体

咲き始めたばかりで2株それぞれ1つずつしか花を付けていませんでしたが、
若い卵形の果実も1つだけ見られました。(2015.8 茨城県 旧・伊奈町)

マルバノサワトウガラシ-全体2

丈はちょうど10cmほどでした。葉は上部ほど粗く付いていて、形も三角状に近い。
(2015.8 茨城県 旧・伊奈町)

マルバノサワトウガラシ-花

上唇は裂けず、小さい。下唇は3裂、その中央裂片は更に2裂。
(2015.8 茨城県 旧・伊奈町)

マルバノサワトウガラシ-花2

萼は5裂。裂片は線状被針形。花柄とともに腺毛が散生。
(2015.8 茨城県 旧・伊奈町)

マルバノサワトウガラシ-葉

葉は卵円形で先だけツンと尖っていました。基部は茎を抱く。葉には5-7本の脈がある
はずですが、はっきりしなかった。(2015.8 茨城県 旧・伊奈町)

マルバノサワトウガラシ-花2

茎や葉裏には腺毛が散生していました。葉は1cm弱ほどなので、腺毛は長さが
1mm以上ありそう。右上に伸びるのは花柄。(2015.8 茨城県 旧・伊奈町)