ミチノクエンゴサク

top
ケシ科 Papaveraceae
春の山地のエンゴサクのなかで全体がスリムな感じです。
丈は10-20cm。葉は1-3回3出複葉で小葉は長楕円形~広線形で小さい。
花はやや小さく10-15mmで筒部が細い。苞はふつう欠刻状になります。

 

2015.4.26 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • 葉3

ミチノクエンゴサク-全体

丈はせいぜい15cm程度で花もヤマエンゴサクなどの半分くらい。
新潟以北の日本海側ではカタクリと一緒に見られます。(2015.5 新潟県 旧・入広瀬村)

ミチノクエンゴサク-全体2

明るめの林内で沢山群生していました。
(2015.4 新潟県 旧・新井市)

ミチノクエンゴサク-全体3

全体に小型です。
(2015.5 新潟県 旧・入広瀬村)

ミチノクエンゴサク-花

花はやや小さく10-15mm程度。
(2015.4 新潟県 旧・新井市)

ミチノクエンゴサク-花2

上下の花弁の旗部は四角形に近く、ふくよかさがない。
(2015.4 新潟県 旧・新井市)

ミチノクエンゴサク-花

苞は欠刻があるものが多い。
(2015.4 新潟県 旧・新井市)

ミチノクエンゴサク-花4

苞が全縁のものもありました。
(2014.4 新潟県 旧・六日町)

ミチノクエンゴサク-葉

葉は1-3回3出複葉ですが、その先の裂け方はまちまち。写真は小葉の細いもの。
(2015.4 新潟県 旧・新井市)

ミチノクエンゴサク-葉2

小葉がこのような形のものも多い。
(2015.4 新潟県 旧・新井市)

ミチノクエンゴサク-葉3

根生する葉。これも小葉の形に変化が多いようです。
(2015.4 新潟県 旧・新井市)