コセンダングサ

top
キク科 Asteraceae
キク科 Compositae
丈は0.5-1.2m、葉は上部では互生、中間部以下では対生で12-19cmの羽状全裂で頂小葉が少し大きく、披針形で先が尖ります。
頭花は舌状花がありませんが、白くて少し肥大化した筒状花が少し混じることがあります。総苞片は草質でヘラ形で1列、少し開出し、その内側に膜質の鱗片があります。
白い舌状花が見られるものはコシロノセンダングサと呼ばれます。

 

2014.11.9 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 実2
  • 葉2
  • 葉3
  • 比較
  • 比較2

コセンダングサ-全体

稲刈り後、田んぼのまわりでよく見られます。
(2014.9 千葉市)

コセンダングサ-全体2

大きくなると1m以上になります。
(2014.9 千葉市)

コセンダングサ-全体3

咲き始めの状態。
(2006.9 千葉市)

コセンダングサ-花

普通、舌状花はありません。
(2006.9 千葉市)

コセンダングサ-花2

総包外片は上部が開出し、内片は開出せず、縁が白くなるものが多いようです。
頭花の下に付いているものは苞。(2014.9 千葉市)

コセンダングサ-花3

若干外側の筒状花が白くなるものがありますが、この程度のものは本種と考えて良いようです。これより大きいものはアイノコセンダンサと呼ばれます。(2015.10 千葉市)

コセンダングサ-実

未熟な状態。短い筒形になります。
(2015.10 千葉市)

コセンダングサ-実2

短い剛毛があり、これが衣服に引っかかる。4稜が見られます。芒は2-4個。
コシロノセンダングサもほぼ同じ。(2015.10 千葉市)

コセンダングサ-葉

葉は羽状全裂、または3全裂。
(2006.9 千葉市)

コセンダングサ-葉2

葉表。脈上と縁、葉軸の毛が目立ちますが、葉面の毛は目立たず、微細。
(2014.9 千葉市)

コセンダングサ-葉3

葉裏の葉軸、葉脈の毛が目立ち、裏面全体にも毛が見られます。
(2014.9 千葉市)

コセンダングサ-茎

(2014.9 千葉市)


コバノセンダングサ-比較

左から・・・アメリカセンダングサコバノセンダングサ、本種。
本種とコバノセンダングサは似ていますが・・・。(2018.11 千葉市)

コバノセンダングサ-比較2

左:コバノセンダングサ、右:本種。本種は果実には毛があり、先端の芒は2-3個で長い。
なお、コシロノセンダングサとの決定的差異は見当たらなかった。(2018.11 千葉市)