センダングサ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
在来のセンダングサですが、急速に減少しています。
丈は30-150cm、茎には縮毛があって断面は四角。葉は1-2回羽状複葉、柄を含めて9-15cmで両面に毛が見られます。頂小葉は卵形で長く尖ります。
頭花は枝先に疎らに付き、黄色い舌状花が0-5個あって径7-10mm、総苞片は線形~ヘラ形で8-10個、縁毛があります。果実の先にある芒は3-4個で下向きの刺があります。

 

2017.10.14 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 実2
  • 葉2
  • 葉3
  • コメント

センダングサ-全体

近年、近所では激減して見られなくなってしまった。
(2017.10 群馬県富岡市)

センダングサ-全体2

土手にあったもの。この場所も周囲はコセンダングサコシロノセンダングサ
囲まれていて、危機的。(2017.10 群馬県富岡市)

センダングサ-全体3

荒れた林縁にあったもの。かつて普通に見られた田んぼ周辺では、最近はトンと見ない。
(2016.9 千葉県富津市)

センダングサ-花

黄色い舌状花がありますが、不稔。
(2016.9 千葉県富津市)

センダングサ-花2

舌状花は黄色で~5個、ないこともあります。
(2017.10 群馬県富岡市)

センダングサ-花3

総苞片は1列で8-10個、よく似たコバノセンダングサとの違いは、
片の縁に毛が多く見られます。(2017.10 群馬県富岡市)

センダングサ-花

かつて近所で見られた時の私の唯一の写真。
(2006.10 千葉市)

センダングサ-実

先端の芒は3-4個で下向きの刺が数対見られます。
(2017.10 群馬県富岡市)

センダングサ-実2

(2017.10 千葉県富津市)


センダングサ-葉

葉は1-2回羽状に裂け、頂小葉は卵形で先が長く伸びます。
(2017.10 群馬県富岡市)

センダングサ-葉2

葉全体に毛が見られ、葉表にも微細な毛が見られます。
(2017.10 千葉県富津市)

センダングサ-葉3

葉裏脈上や葉軸に毛があり、面にも見られました。
(2017.10 群馬県富岡市)

センダングサ-茎

茎にも毛があり、節には多く見られました。
(2017.10 群馬県富岡市)

つい最近まで、田んぼの周りなどで普通に見られていたセンダングサですが、最近、私の近所では全く見られなくなってしまいました。
原因はおそらく、外来種・・・アメリカセンダングサ、コセンダングサ、コシロノセンダングサの3種。

センダングサの仲間は邪険にされがちですが、まだ身近に本種が見られる方は、是非、大切に環境を維持して頂ければと思います。