クロバナヒキオコシ

top
シソ科 Rabiatae
シソ科 Lamiaceae
丈は0.5-1.5mほど茎はよく分枝し4稜があって稜にまばらに毛が見られます。葉は6-15cmの広卵形で基部は円形から急にくさび状になって柄に続きます。
花は大きな集散状に多数付きますが、まばらに開花し、花冠長さ5-6mmの濃い紫色で目立ちにくい。萼には細毛が見られます。

 

2017.9.27 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2

クロバナヒキオコシ-全体2

ヒキオコシ
の花色を濃い紫色をしたような感じですが、色が色だけに、
咲いているかどうかわかりにくいです。(2016.9 群馬県谷川岳)

クロバナヒキオコシ-全体

ヒキオコシ
より細い円錐花序のものが多いようです。
(2008.9 群馬県谷川岳)

クロバナヒキオコシ-花

ヤマハッカと同じように下唇は舟形。
(2008.9 群馬県谷川岳)

クロバナヒキオコシ-花2

花は4mm程度、上唇は4裂。
(2008.9 群馬県谷川岳)

クロバナヒキオコシ-花3

下唇は舟形。雄しべ4。
(2017.9 新潟県 旧・松之山町)

クロバナヒキオコシ-花4

萼に列をなした毛が見られました。
(2017.9 新潟県 旧・松之山町)

クロバナヒキオコシ-葉

葉は卵形で基部はくさび形。
(2011.9 長野県白馬村)

クロバナヒキオコシ-葉2

葉裏。脈上に少し毛があるようにも見えましたが・・・。
(2014.8 長野県白馬村)

クロバナヒキオコシ-茎

茎の断面は四角で稜は鋭い。葉腋は節状に名少し膨らむ。
(2014.8 長野県白馬村)