ノニガナ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
丈は15-40cm、根生葉は10-25cmの線状被針形で先端は鋭く尖り、縁に粗い鋸歯があります。茎葉は狭長被針形で先が尖り基部は矢尻形で茎を抱きます
頭花は茎頂に少数付き、8mm程度と小さく、総苞は5-6mm。花が終わるとひとたび下を向き、その後再び上を向く。

 

2016.5.4 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 実2
  • 実3
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4

ノニガナ-全体

ニワゼキショウヘラオオバココメツブツメクサなど外来種が沢山咲いている中で
数株、がんばっていました。ただ、一度目を離すとすぐ判らなくなります。(2013.5 千葉市)

ノニガナ-全体2

台地上の草原にあり、やや驚きました。ここでは小型のオニタビラコなどもあり、
花が同じような形、同じような大きさなので紛らわしい。(2013.5 千葉市)

ノニガナ-全体3

花色の黄色がやや濃いもの。
(2017.5 新潟県 旧・山古志村)

ノニガナ-花

花は8mmくらい。同じような所にあるオニタビラコとほぼ同じ大きさですが、
色がやや淡い。(2013.5 千葉市)

ノニガナ-花2

(2014.5 千葉市)


ノニガナ-花2

頭花は茎頂に複散形状のような付き方をしていました。
(2017.5 千葉市)

ノニガナ-実

果期になると柄がのび、花序の様子が分かりやすくなる。
多少分枝する散房状・・・若しくは散形状・・・でしょうか・・・。(2015.5 千葉市)

ノニガナ-実

花が終わると総苞基部が膨らみ、先端から冠毛がみえるようになってきます。
(2015.5 千葉市)

ノニガナ-実

1/3くらい既に飛んでしまったようです。
(2014.5 千葉市)

ノニガナ-葉

茎葉は狭長被針形で先はするどく尖り、基部はやじり形で茎を抱きます。
(2013.5 千葉市)

ノニガナ-葉2

この植物の最大の特徴は葉の基部の形。基部の両側が長く鋭く伸びて
茎を挟み込んでいます。葉柄はありません。(2013.5 千葉市)

ノニガナ-葉3

根生葉は線形~広線形、下部の茎葉も線形~広線形でやや茎を抱きますが、
基部はやじり形にはなりません。(2016.4 千葉市)

ノニガナ-葉4

下部の葉の基部。わかりにくい写真ですが、左にくっついているのが葉で、
茎を抱き気味ではありますが、基部が張り出したりはしていない。(2017.5 千葉市)