センウズモドキ

top

キンポウゲ科 Ranunculaceae
花柄の毛が開出毛のグループ。
中間部の葉は基部付近まで3深裂し側裂片は更に2深裂、下部は5全裂。葉裏脈上や柄には屈毛がある。
花はやや小ぶりで淡青紫色のものが多いですが、東北北部ではしばしば赤紫色になります。花糸に少量の毛が見られ、上萼片は三角状でやや小さい。花柄には開出毛に腺毛が混ざり、時に屈毛も見られます。萼の外側にも開出毛と腺毛があります。
様々な交雑が知られていて、ヤマトリカブトとの交雑にはイヌハコネトリカブトの名が付いています。

 群馬のものについては、再確認のため、一時保留としました

 

2017.10.10 更新
  • M全体
  • M全体2
  • M全体3
  • M花
  • M花2
  • M花柄
  • M葉
  • M葉2
  • M葉3
  • A全体
  • A花
  • A花2
  • A葉
  • A実
M=岩手(北部を除く)・宮城 A=青森・岩手北部
センウズモドキ-全体

森の中で美しい姿で咲いていました。葉の痛みもほとんどなく、一気に咲いたようで、
すべての花が開花中。ビジュアルは申し分なし。(2017.10 宮城県大和町)
M=岩手(北部を除く)・宮城 G=群馬・長野 A=青森・岩手北部
センウズモドキ-全体2

学名の iwatekense が示す通り、本種の標準に最も近いと思われる場所のもの。丈は0.5-1.5mほどでした。葉の裂片はやや細めのものが多い。(2013.10 宮城県登米市)

センウズモドキ-全体3

(2013.10 岩手県花巻市)


センウズモドキ-花

岩手中部以南では淡青紫色のものが多く、上顎片はやや小降り。
(2017.10 宮城県大和町)

センウズモドキ-花2

花糸には毛が見られました。花色が白っぽいので写りにくい。
(2017.10 宮城県大和町)

センウズモドキ-花3

開出毛、腺毛に加えて、わずかに屈毛が混じっているようです。
(2013.10 岩手県花巻市)

センウズモドキ-葉

中部の葉は全体として5角状、深く3深裂し、側裂片はさらに2深裂。
(2017.9 宮城県大和町)

センウズモドキ-葉2

葉表。ごく短い毛が散生していました。
(2017.10 宮城県大和町)

センウズモドキ-葉3

葉柄や葉裏脈上、縁などに屈毛(a)がありました。この個体には
やや長い毛(b)ものも見られた。(2017.9 宮城県大和町)
M=岩手(北部を除く)・宮城 A=青森・岩手北部
センウズモドキ-全体5

岩手県北部からこのあたりにかけて、他の種類のトリカブトもこの色は珍しくありません。
丈は1-1.5mほど。(2013.10 青森県階上町)

センウズモドキ-花7

ここのものは、どの個体も屈毛の量が他の場所より多めでした。開出毛や腺毛の量は
変わらないので、毛が非常に多い印象でした。(2013.10 青森県階上町)

センウズモドキ-花8

花糸に若干の毛は見られましたが、少ないようでした。
(2013.10 青森県階上町)

センウズモドキ-葉5
近隣地域にあるツクバトリカブトより葉の裂片の幅が広い印象。3全裂に近く側裂片は2深裂だが、それ以上の裂け方がツクバトリカブトより浅い印象のものが多い。なお、ここにはツクバトリカブトとの交雑と思われるものがありました。(2013.10 青森県階上町)

センウズモドキ-実

若い果実には開出毛が見られます。他の場所のものも同様。
(2013.10 青森県階上町)